タイズプレゼンテーション

夢中の深層~インタビュアー川邊健太郎~

第二回 永田寛哲さん 僕の人生を変えたアイドルが教えてくれたこと

モーニング娘。は長嶋茂雄、AKB48は野村克也

川邊:モーニング娘。とAKB48は、だいぶ仕組みが違ったりするんですか?

永田:だいぶ違いますね。

川邊:何かそういうのは、衝撃を受けたんですか?

永田:そうですね。モーニング娘。っていうのは、もちろん計算されてる部分もたくさんあると思うんですけど、傍目から見て、いわゆる長嶋茂雄みたいな存在なんですよ。つんく♂さんだったり、メンバーだったりが、天才性を発揮して、常人には理解出来ないなにかを繰り出して、それがものすごいんだという、そういう言語化できない感動。だから惹かれたというか、すごい衝撃を受けたんです。対してAKB48は、野村ID野球のように計算され尽くしていて、「これをやることの狙いはこうなんだな」というのが、極めてロジカルに分かって。でもそれがすごい、といった印象です。

川邊:でも反応厨(はんのうちゅう)としては、すぐに握手できたり会えちゃったりするのは、違和感なかったんですか?

永田:そうなんですよ。なんで、そこはやっぱり違和感という意味では凄くありました。でも、やっぱりモーニング娘。時代には求めても得られなかった握手だったり、1対1の会話、接触という行為がこんなに簡単にできて、しかもそれが相当な人気上位メンバーでもできるということにすごく衝撃を受けたというか、何か本当に隔世の感というんですかね。

川邊:古き良きビジネスから、超進化したビジネスといった感じですね。

永田:そうですね。そこに対する衝撃はすごかったですね。

川邊:でも、それは自己消化できたんですか?

永田:そうですね。やっぱり人間は、より強い刺激を求めて行ってしまうじゃないですか。

川邊:なるほど。

永田:中毒者なんで。だからやっぱり、強い刺激を求めちゃいます。

川邊:モーニング娘。時代にはなかった握手というのを、ガーンとやるわけですね。

アイドルという活動が終わった後でも、息の長い活動をしていける子達を育てたい

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9

obNio[

 c񂳂 'A'̔ĉƑ{j

攪 Mq lт킸ɐƂ

掵 ؃nJZ AEghAJ[߂IȂ`

Z 쎡 uAςvƎv킹ԑg1ł‚肽

܉ G o̏Œjq闝R

l FigW[n^[j EقxA̗҂]

O 粌Y~cz~RcFV 2l̔oDAĂꂩ‚ߒ

 icN l̐lςAChĂꂽ

 ؐq nk͂‹NĂAƂz̓]̃XX