タイズプレゼンテーション

夢中の深層~インタビュアー川邊健太郎~

第十回 ちづるさん 40代ネットアイドルが輝く居場所

「この場所がなかったら、ただの主婦だった」

川邊:優しい社長さんですね。1億3千万人総配信者になったのは、ちづるさんが活躍してるからだみたいなお話でしたが。

ちづる:嬉しいですね。どんどんやっていこうと思いますね。私が思ったのは、リスナーさんに相談して、そうしたら「自分たちがやろうよ、ライブ」って。「自分たちで作り上げようよ」と。「事務所なんかいいじゃないか」と、そういう形でもやっていこうかなと思いました。

川邊:そうですよ。新しい形が生まれていますよ、きっと。

ちづる:ライブハウスとかも借りていくからと、そのくらいまでやっていこうかなと思いました。

川邊:そうですよ。すべてはファンに委ねると。そうなると、どうなるんだろうというのを、楽しみにすると。

ちづる:「ライブしたいけど社長いないの、曲でないの」とか。

川邊:JASRAC申請とかもリスナーさんにしてもらって。

ちづる:リスナーさんと一緒に。

川邊:もしそういう方向性に、このインタビューで決まったということになれば、「あのときのインタビューで、こうなったんだよね」って、日本の新しいアイドルの形がってなったら、光栄ですけどね。

ちづる:すごくやる気になりましたね。

川邊:歌とトークと、あとなにかやってみたいことってあるんですか?

ちづる:歌とトークと…踊りは年齢的に無理なんで。ダンスはしたいですけど。エアロビクスとか、昔はクラシックバレエやってたんで。そういうのもちょっとやってもいいですね。ダンス、歌、踊り。

川邊:ちなみにライバルとかいるんですか?

ちづる:ライバルというか、リスナー兼配信者の方の配信は観たりします。

川邊:それはリスナーが配信もやる世界観なので、観に行って。参考にしたりすることもあるんですか?

ちづる:そういうのもします。

川邊:面白いなと思う人います?見ていて、聞いていて。

ちづる:ただご飯を食べているところを配信しているとか。何が面白いのか分からないけれど、それもありなのかなと。あとは外でのライブパフォーマンスの配信を観たりします。

川邊:歌ったり踊ったりしている人の配信を見て参考にするんですね。 普段の話になりますけど、配信は1日1時間くらいですか?

ちづる:そうですね。

川邊:それ以外の時間は、何をされているんですか?

ちづる:普通の製造業、工場みたいなところのパートとして働いてます。

川邊:職場の方は、製造工場のいたって真面目な方ですよね。自分はアイドル活動しているというのは伝えてるんですか。

ちづる:上司の方だけに言ってます。

川邊:上司の方はなんと?

ちづる:上司の方は「頑張って」と応援してくれてますけど、あんまり興味ないみたいですね。

川邊:「まあ好きならやればいいじゃん」と。働いて配信して、土日にオフ会やったり。旦那さんは最近、ちょっと登場したりもしていると聞きましたが。

ちづる:たまたま映り込んじゃうんです。アマチュア配信時代に、あるリスナーさんからつけてもらったんですけどね。たまに主人がシュッと出てくるんで、ウナギみたいに。にょろにょろと。それから “ウナギ”っていうあだ名が付いているんですよ。リスナーさんが、旦那に向かって「もうそろそろ仕事行く時間ちゃうの」とか心配してくれるんですよ。「あんまり働きすぎたらダメだよ」とか。

川邊:家を完全に見られていて、近所の人みたいな感じになっている。オフ会にあまり旦那さんはいらっしゃらない?

ちづる:オフ会は、主人がいてるときに合わせてますね。日曜日の昼間は家にいてるんで。そのときにオフ会をして、主人にも来てもらっています。

川邊:ご主人とリスナーさんも仲が良くて。

ちづる:そうですね。主人も交えて「ウナギ君はいまなにしてるの?」みたいな。

川邊:さあ、そろそろお時間になってきましたけど、自分が昔アイドルになれなくて、インターネットという環境が出てきて、ある意味、その夢が実現して夢中になれているわけですけど。それってどう捉えていますか?「あって良かった」という感じなのか。

ちづる:あって良かったなと。無かったらただの主婦で終わっていたんで。

川邊:今後の抱負みたいなのは、前田社長がいらっしゃるときにも話されていましたけど。どうしていきたいかというのは。

ちづる:リスナーさんと相談しながら決めたいと思います。

川邊:ちなみに今、AKB48とかおニャン子みたいなのがあって、40代も応募可能ってなったら、迷わず。

ちづる:迷わずします!そういう応募があったら良いですね。

川邊:『SHOWROOM』と一緒に作るか。

ちづる:40代の配信者って少ないですよね。でも、やりたいっていう人は多いと思うので、『SHOWROOM』を通じて、アイドルユニットを作ってもらいたいですね。

川邊:前田社長に伝えておきますんで。

ちづる:オーディション受けます!

川邊:ちづるさんは固定ファンついてるから良いですよね。リスナーさんに相談しながら。

ちづる:センターで。

川邊:実績をひっさげて、本気で。ぜひ他にない形のアイドルを目指して、引き続き頑張ってください。今日は“40代のネットアイドル”ちづるさんでした。ありがとうございました。

ちづる:ありがとうございました。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7

トップページへ戻る

バックナンバー

#10
2017.09.14 UP
ちづる
さん
(ネットアイドル)
#09
2017.04.17 UP
島田拓
さん
(アリの通販専門店AntRoom代表)
#08
2017.03.24 UP
中野信子
さん
(脳科学者・医学博士)
#07
2016.11.15 UP
大木ハカセ
さん
(アウトドアプロモーター)
#06
2016.10.07 UP
樋口卓治
さん
(放送作家・小説家)
#05
2016.09.15 UP
絵音
さん
(一般社団法人日本合コン協会会長)
#04
2016.06.29 UP
柳生一彦
さん
(トレジャーハンター)
#03
2016.05.13 UP
山田孝之
さん
内田朝陽
さん
(俳優)
#02
2016.04.04 UP
永田寛哲
さん
(ピクシブ株式会社取締役副社長)
#01
2015.12.19 UP
大木聖子
さん
(地震学者)